• 宿題サポートDAY
  • 一ツ葉ダンサーインタビュー
  • ニューヨークダンス留学
  • トビタテ留学に合格!
  • 過去に開催したイベント
  • 校舎フォトツアー
  • 通信制高校徹底解説!

フォトツアー

スクーリング(2010/05/17)

  • Slide thumbnail
  • Slide thumbnail
  • Slide thumbnail
  • Slide thumbnail
  • Slide thumbnail
  • Slide thumbnail
  • Slide thumbnail
  • Slide thumbnail
  • Slide thumbnail
  • Slide thumbnail
  • Slide thumbnail
  • Slide thumbnail
  • Slide thumbnail
  • Slide thumbnail
  • Slide thumbnail
  • Slide thumbnail
  • Slide thumbnail
  • Slide thumbnail
  • Slide thumbnail
  • Slide thumbnail
  • Slide thumbnail
  • Slide thumbnail
  • Slide thumbnail
  • Slide thumbnail
  • Slide thumbnail


スクーリング体験談
福岡キャンパス 2年生 平山 佳奈

田植え体験では、泥の中に足を入れるとか気持ち悪いし汚れるしイヤだと思ったけど、入れてみるとそこまで気持ち悪くなかったし、むしろ気持ち良くてビックリしました。田植えなんて普段する機会なんてないし、これからもすることないと思うけど、こんなに大変なんだと思い、簡単に食べられることに感謝しようと思いました。
本校での授業では、他のキャンパスの人達と一緒に授業を受けたり、他のキャンパスの人達がたくさん居て、普通の全日制みたいで、なんかなつかしいなーと思いました。


福岡キャンパス 3年生 宗像 由真

今回のスクーリングで一番楽しかったのは、田植えです。雨にぬれてしまい後半~宿舎に着くまでのあいだはすごく寒かったけど、田んぼの泥がとっても気持ち良くてずっと入っていたかったです。
田んぼに行く途中で見たカエルもとっても可愛くて、おもわず追いかけてしまいました。田植え体験できてよかったです!


福岡キャンパス 3年生 井出 野斗香

今回のスクーリングでは、田植えや校長面接など、普段の生活ではあまり経験できないことを体験できて、すごく楽しかったし、勉強になりました。
最初は、すごく嫌々で作業をしていたけれど、地元の方々と会話をしながら作業をしたり、普段あまりしゃべらない同じキャンパスの人たちと話せたりと、田植えを通して、いろんな人たちと交流できたからです。それに、田植えの大変さも知ることができ農家で働いている方々の苦労を実感できました。普段当たり前のように食べているお米や野菜は「こうやって作られているだ。」って改めて思いました。
雨の中ですごく大変だったけど、いい体験できました。


小倉キャンパス 1年生 穴見 美月

通潤橋は、とても勉強になりました。昔の人は、学校で勉強とか教えてもらっていないのに¨地域のため¨といって山の中のけいしゃを考えながら水路をつくったのがとてもすごいと思いました。歴史にふれられてとても良かったです。


小倉キャンパス 3年生 木村 拓哉

今回のスクーリングでは、初めてした田植えが楽しかった。田植えはあまり経験したことがなかったので、泥の感触や苗の多さ、姿勢のつらさがよくわかってお米への尊敬の念が大きくなった。
校長先生の面談も2人から4人になっていて、他の友人の話も少し聞けてよく、僕たちのことを先生達は考えて計画しているだと感動しました。
山都町の方々も忙しい中、スクーリングのために田植えの準備をしていただいたり、おまんじゅうを作っていただいたりと、たくさんの協力と配慮がとてもうれしかった。


熊本キャンパス 3年生 小野 美咲

私は通潤橋を初めて見学しました。放水のしくみや誰が作ったのかなどを学べて、すごくよかったです。また、実際の通潤橋を渡る事が出来、意外に高さがあり少し怖いくらいで、ビックリしました。授業では、久しぶりに書道をしたり、BINGO大会等ですごく楽しかったです。初めてのスクーリングが充実したモノになりよかったです!


熊本キャンパス 1年生 佐藤 桃子

本校での授業では、普段なかなか交流する機会の無い、他のキャンパスの人達と一緒に授業を受けて、熊本Cで受ける授業とは雰囲気が違い新鮮でした。私は人見知りするので、知らない人達と一緒にすごすのがとても不安でしたが、楽しく過ごすことが出来ました。緊張もだんだんほぐれて、楽しいスクーリングとなりました。


熊本キャンパス 2年生 持田 知哉

田植え体験では、地域の方々にお世話になりながらみんなで楽しく頑張りました。
キャンパス混合授業では、初めはやっぱり緊張してしまい、他のキャンパスと人達と話が出来ずに静かな授業だったけど、だんだん打ち解けられて、キャンパス関係なく仲良くなれたのが楽しかったです。


 今回の田植えは、伊藤さん所有の3枚の棚田(約15アール)で行われました。
数日前から代掻き(しろかき:土を軟らかくすること)等の準備がすすめられ、自治振興区の役員や高齢者部会の皆さん等が、この交流を楽しみに計画されていましたが、当日は、あいにく朝から雨で、5月には記憶にない程の大雨に見舞われ清流緑川も梅雨時期のような濁流を化してしまい、一時は中止せざるおもいにもなりましたが学校側の強い思いから実施することになりました。
 降り続いた雨も昼前から小康状態になり、空の状況を見ながの実施となりました。
 体験が限られた時間の中、また雨の心配の中での田植えで、生徒の皆さんに十分な説明も指導も出来ないまま圃場に入ってもらうことになり、雨で滑る畦畔での事故や怪我を一番心配しながらの実施となりました。
 生徒の皆さんは初めて経験する人も多く、ぬかるんだ田圃にすぐ足を入れる人、おそるおそるはいる人、土の感触を確かめながら入る人といろいろ、いざ、田植えが始まると、農家の私達でも驚くくらい本当に上手に植える人、足下ばかり気にしながら植える人、なかなか思うようにいかなく労している人など、いろいろな情景を目にすることが出来ました。終わり近くになり又雨になるという、悪天候の中で久しぶりに若い人たちの笑顔や楽し笑い声に接することが出来、地域に活力を感じたひとときでした。
 この秋には、黄金の稲穂が皆さんを迎えてくれることと思います。
 この体験を通じて農業の苦労や楽しみ、また土の感触など、何か一つでも感じてもらえれば大変うれしく思います。 
 最後に校長先生をはじめ諸先生方、そして雨の中、事故もなく頑張ってくれた生徒の皆さんに感謝します。次は天気に見舞われ、もっともっと充実した交流が出来るように頑張ります。


前のイベントへ

次のイベントへ



一ツ葉高校オススメコース

  • 一般コース
  • 大学進学コース


フォトツアー一覧

資料請求はこちら

学校説明会・体験入学はこちら


ページトップへ