通信制高校なら一ツ葉高等学校

通信制高校 一ツ葉高校 トップページ > 教頭先生ブログ「教頭だモン」 > 今、話題のトビタテ!ですよ、トビタテ!一ツ葉から世界へ!
2018年9月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
  • 大学受験 合格者の声
  • トビタテ留学に合格!
  • 過去に開催したイベント
  • 校舎フォトツアー
  • 通信制高校徹底解説!

教頭先生ブログ「教頭だモン」|通信制高校(東京 千葉 福岡 小倉 熊本)の一ツ葉高校

今、話題のトビタテ!ですよ、トビタテ!一ツ葉から世界へ!

2018年7月7日

こんにちは。通信制高校 一ツ葉高校の松下です。

7月に入りましたが、全国各地で雨、雨、雨。大きな被害も出ています。「50年に一度」とか、「記録的」とか報道されますが、ここ数年の天気を思い返しては、頻繁に繰り返しているじゃないか・・・と思ってしまいます。何はともあれ、みなさん気を付けて過ごしてくださいね。

ここ2回続けて紹介しました福岡キャンパスの伊藤君、日曜に出発し月曜には無事にニューヨークに到着したと連絡がありました。これから充実した留学生活を送ってくれることを期待せずにはいられません。現地での様子が届き次第、またブログで紹介しますのでお待ちください。

今日は伊藤君が留学するにあたり利用した制度、『トビタテ!留学JAPAN』を紹介します。前回のブログをみて『トビタテ!留学JAPAN』っていったい何?と思った方もいらっしゃるかと思いますので。

トビタテ!留学JAPANのホームページを見てみると、

『文部科学省は、意欲と能力ある全ての日本の若者が、海外留学に自ら一歩を踏み出す機運を醸成することを目的として、2013年10月より留学促進キャンペーン「トビタテ!留学JAPAN」を開始しました。政府だけでなく、社会総掛かりで取り組むことにより大きな効果が得られるものと考え、各分野で活躍されている方々や民間企業か らの御支援や御寄附などにより、官民協働で「グローバル人材育成コミュティ」を形成し、将来世界で活躍できるグローバル人材を育成します。』

とあります。

世界で活躍したいと夢見る若者、世界に出て成長したいと思っている若者、気持ちはあるけど行動できずくすぶっている若者、等々、これからの日本を支える、日本の財産となる若者を社会全体で応援します!という制度です。大学生や高校生の留学を後押しする、素敵な制度なのですよ。
ひとえに留学といっても、気持ちだけでは実現できません。費用もかかりますよね。この制度、まさにそんな若者たちの味方なのです。

じゃあ、希望すると誰でも応援してもらえるのか?ということになってきますが、もちろんそうではありません。具体的な流れは下記の形です。

トビタテ!留学JAPANの海外留学支援制度を日本代表プログラムといいます。その日本代表プログラムには高校生コース、大学生等コース、地域人材コースというコースが設定されています。一ツ葉高校の生徒はだいたい高校生コースを利用します。
高校生コースでは2000名ほどの応募書類の中から書類選考が行われます。(書類は本人の自己PRはもちろん、綿密な留学計画や留学に対する志、留学後のエバンジェリスト(伝達者)活動の内容などを何枚も提出しなければなりません。エバンジェリスト(伝達者)活動とはアンバサダー活動のことです。自分の経験に基づいて海外体験の魅力や留学の良さを広めていく活動ということになります。実体験に基づいた広報で、次の人たちにつないでいくというわけです)
書類選考を見事合格しても、後日、数名の面接官による個人面接が実施されます。そこでは実技も含め、最大限自分をPRする必要があります。
この厳しい選考を突破して、晴れて採用となるわけです。

このトビタテ!留学JAPAN日本代表プログラムによって派遣された留学生は、支援企業と共にグローバル人材コミュニティを形成し”産業界を中心に社会で求められる人材”、”世界で、又は世界を視野に入れて活躍できる人材”へと育成されます。そして日本を背負っていく、日本を引っ張っていくのです。そんな若者の中に一ツ葉高校の生徒がいる・・・とても素晴らしいことです!!

一ツ葉高校は、このトビタテ!留学JAPANに今年は3名が採用されています。また、2期生~4期生で7名採用の実績を残せています。これはかなり多い人数なんですよ。
留学と言えば一ツ葉高校。世界で活躍する一ツ葉生をこれからもたくさん紹介していきますのでお楽しみに!

通信制高校 一ツ葉高校 松下

にほんブログ村 教育ブログ 高校教育へ

資料請求はこちら

学校説明会・体験入学はこちら


ページトップへ